相川 浩一

2012年 男子ボディビル総合優勝

2016年 男子ボディビル80kg級優勝

私自身、2回も出場した大会です。この大会の特徴は、万全のサポート体制で誰でも参加できる点です。これで国際大会に出る不安はかなり軽減され、寧ろ貴重な経験や体験のチャンスとなると思います。調整の不安など、気軽に相談でき、選手想いの陣営が揃っています。なんと言っても企画であるBELLzの吉田真人代表の選手想いの帯同は異次元の肉体と共にぜひ、知り合うよい機会です。過ごす時間そのものがセミナーとなるでしょう。本来、あんな気軽に話せる人じゃないと思うのですが、貴重な時間です。また、「国際大会を知る」と言う意味でも一役買っている大会であると思います。

本来は飛行機で10時間位乗り、少人数で乗り込む場合が多いですから、調整含めて、もっと不安が多いものです。その点も踏まえ、自分が異環境でどれだけ力が発揮できるかも経験して良いと思います。力が発揮しやすい国際大会と思います。最後にレベルに関しては、幅があると思いますが、全ての選手がフリーポーズがとれるので、戦った感がある、充実感がある大会になると思います。ぜひ、観客を沸かせて下さい。まずは、早めにスケジュールが出た点、流石、選手想いの企画です。ぜひ、ご参加されたらと思います。1度ならず2回参加した自分からのコメントです。


大澤直子

2013年 女子ボディビル総合優勝

2013年ボディビル競技(フィジーク)復帰を決めて再び競技の世界に戻り、ステージに立てる喜びを同時に日本グアム親善大会の舞台で実現出来た思い入れの深い海外大会です。

記念すべき第一回女子ボディビル大会で優勝は、復帰したことが更に自信に繋がり、日本での大会はもちろんのこと、世界大会、アーノルドクラシック、アジア大会と世界のステージに立てるようにもなりました。

日本グアム親善大会は誰でも出場できるチャンスがあります。

これまでにも、ビキニ、男子フィジークが日本で始まったころ、のちの日本のトップ選手となった方々もこの日本グアム親善大会から海外試合の経験を学んでいたことを思い出します。

そしてアジア大会以外で全カテゴリーの選手たちと共にできるのでそれぞれの海外大会の調整の仕方なども大変勉強になります。

日本グアム親善大会の醍醐味は何と言っても会場からの声援です。国は関係なく大声援の中での大会は大盛り上がりとなりステージのボルテージもマックスに上がって選手も練習以上の躍動感溢れるマッスルパフォーマンスを披露することが出来ています。

初めての海外大会の方もスタッフのサポートもあり戸惑う事なく安心してベストコンディションで臨めます。

是非とも多くの選手の皆さんにこの日本グアム親善大会の楽しさを味わって頂きたいと思います。

今回、私は応援チームとして参加予定ですので不安で参加を迷っている方は安心して下さい。そしてすでに参加を決めている方は一緒に楽しいツアーにしましょう。

高田巖

男子フィットネス出場

昨年に続き日本グアム親善大会に参加します。

当初は海外の大会は自分にとってまだまだそこまでのレベルに達していない、遠い存在の大会と遠慮していましたが…

キングオブフィジークとオールジャパンでのメンズフィットネスの優勝、そしてさらなるステージアップを目指して意を決して参加?(笑)

もちろん海外の大会は、環境も変われば、時差もあり、言葉も文化も違う…なので戸惑いや緊張、不安もありましたが、逆に大会を通じてその国の文化を知る良い機会となり、同行した選手や地元選手らとの交流、周りのスタッフ、トレーナー、選手同士のサポートもあり大会独特の緊張の中、愉しみながら参加する事ができました。

ホントに良い経験でもあり、心に残る体験ができました。 

グアムの大会は、自らが愉しみながら選手として試合に参戦できる事、他では無い素晴らしい大会です。

今年もさらなるパフォーマンスでグアム全土を魅了したいと思いますので応援よろしくお願いします。


佐々木佑大

ボディビル出場

私のように、実績が無くても、海外の大会に挑戦できるというのは大変嬉しいことです。

国際試合は、国内試合とは一味違う経験ができる貴重な機会。

この経験は今後の自分を大きく成長させる大きな糧となると信じています。

出場するからには、結果にこだわり、また、その中で精一杯楽しみたいです。


斎藤忠男

ボディビル(バンタム級&マスターズ)/ミックスドペア出場

平成25年度第2回大会に続き、今回が4回目の出場となります。

最初の2回大会出場の際、大会前夜、男子選手を集めての、吉田真人様のポージングセミナーがありました。時間が無く「続きは来年です」と終わっていまい、その後そのままになっていました。「斎藤さん遅くなったけど約束を果たしに来た!」と、吉田さんが新居浜に来て下さりました。ポーズだけに終わらず、私のウイークポイントの胸トレについて「肩損傷でも前鋸筋を使えば良い!」と、アドバイスして下さり、崩壊一途の胸に改善の兆しが見えてきました。「近年にない上半身の充実を、グアムのステージで見て頂こう!」これが今回のグアム出場の理由です。同行する日本選手団関係者の皆様方と親睦を深めながら、グアムの関係者の方々と、交流を深めたいと考えています。宜しくお願い致します。


高岡由紀江

ボディフィットネス&ミックスドペア出場

昨年に続き2回目の日本グアム親善大会に出場する事を、今年の最終目的にしています。

1月から吉田真人様に月1回トレーニング指導、また、5月から初めてのミックスドペアのポージング指導を大澤直子様に指導を受けています。

吉田真人様、大澤直子様は遠距離ですが、親身になってくださり、感謝しています。

毎日、筋トレ、ポージングなど励んでいます。

グアムでは、ステージと観客が一体になり盛り上がり楽しく、良い経験をさせて頂きました。

また、高齢になってもトレーニングすれば、身体が若々しく変わり、気持ちもハッピー〜になる事を多くの方に伝えたいと思います。

今回も宜しくお願い致します。