ハイインテンシティ THE BEST

究極のトレーニングメソッド ‘High Intensity THE BEST’ (通称 ‘THE BEST’)は、オールアウト を基本概念として理論構築されたシンプルかつ最も合理的なトレーニングメソッドです。一般人の健康管理や体力向上、女性のダイエット、そしてトップアスリートの競技パフォーマンス向上に至るまで、全てのニーズへ対応した究極のトレーニングメソッド、それが ‘THE BEST’ です。

(※BEST=BELLZ’s Effective Super Training)

 

ハイインテンシティTHE BESTは、筋肉を機能的に発達させます。それは、肉体派の代表として格闘家、タレント、そして俳優として活躍する角田信朗氏が証明しています。格闘家として必要な実践的なパワー、スピード、持久力。そして、タレントや俳優活動で要求される鍛え込まれた本物の肉体美。角田信朗氏は、THE BESTを実践することで、そうした全ての要素に対応するとともに、さらなる究極の肉体へと進化を続けています。

「底知れぬポテンシャルを持つ角田信朗氏の肉体」

角田信朗氏は、格闘技を極めるとともに、さまざまなスポーツに挑戦しています。こうした挑戦は、筋肉の持つ多様な機能性を活性化する事につながります。

肉体派を謳う角田信朗氏は、常に全力で格闘技、ダンス、ゴルフ、ウエイトトレーニングに取り組み、それぞれに必要な筋力や持久力、そして制御力などを高い次元で体得しています。そうした角田信朗氏の体には、機能性をとことんまで追求した事で生まれる、筋肉が本来持っている見てくれだけではない本質的な姿が、『機能美』として表れています。だからこそ、リアルな肉体派として、人々を惹きつける魅力に溢れているのではないでしょうか。

トレーニング座談会

「ボディビル界のカリスマ」

高強度トレーニングへの注目が高まりつつある事から、かっこいいカラダ誌(ベースボールマガジン社)からトレーニング連載企画の一つとして、東京大学の石井直方教授とお話しさせて頂く機会に恵まれました。現在では、筋肉研究の権威として名高い石井教授ですが、かつては、パワーリフティングとボディビルディングの両競技で活躍をされていたトップ選手でもありました。左の写真にポージングをとっているボディビルダーの写真のパネルが飾ってありますが、その写真のボディビルダーは、’83年の日本選手権で優勝された時の石井教授の雄姿です。石井教授は、日本とアジアの頂点を極めた日本を代表するボディビルダーとして現在も語り継がれるボディビル界のカリスマでもあるのです。

座談会では、筋発達の生理学的なプロセスや、競技者として活躍されていた頃のご自身の経験談などを聞かせて頂きました。そうしたお話の中には、筋肉を効率的に発達させるためのヒントが数多くあり、大変勉強になりました。

JHITAでは、現状のまま滞留する事のないように、このような機会を活用し、有用な情報を収集するとともに、‘ハイインテンシティ THE BEST’ をより良いトレーニングメソッドへと進化させていきます。