2015年 日本グアム親善大会を終えて

後 藤 剛 JBBF日本選手団随行監督

 

日本グアム親善大会が盛大に開催された去る9月24日から27日まで日本選手団、選手役員総勢17名が一丸となり選手の大健闘により、輝かしい成績を残し無事終了いたしました。

ボディビル部門ではバンタム級で加藤充選手、

ミドル級で角田信朗選手。女子フィジークショート佐藤美由紀選手、ボディフィットネス金子真紀子選手が見事優勝を果たしました。その他の選手も検討虚しく優勝を逃したものの、素晴らしい肉体を披露しました。

ベテラン北村弘行選手によるポージングの芸術性、中山翔二選手のステージ上でのインパクト、井上裕章選手の迫力あるバックショット。

四年連続日本グアム親善大会出場のレジェンド廣田俊彦選手等、個性は揃いでした。

女子選手もメリハリのあるポーズを披露した大岩典子選手。フリーポーズで観客を沸かせた宮田みゆき選手。完成度の高いウォーキングを魅せた菊池智子選手、フレッシュで若々しい秋本明子選手。ステージで観客を魅了した椎名智香子選手には日本から応援に来た観客のみならずグアムのファンからも大歓声が沸き起こりました。グアムの観客は一言で言えば熱い。あの声援を受ければ選手は数倍以上の力が発揮された筈です。私の耳にも未だ歓声が鳴り止まぬ感じがします。

しかし、今回、日本選手のメンズフィジークでのエントリーが無かったのが残念でなりません。

是非、メンズフィジークのみならず来年チャレンジされたい選手の皆さんは参加をおススメ致します。

異国の地で歓喜を体験してください。

最後に今回、大変お世話になった吉田先生、笠松事務局長、星様には感謝と御礼を申し上げます。

ありがとうございました。


《 2015年 JBBF日本選手団 》

【随行監督】

後藤 剛

【派遣代表選手】

井上 裕章(男子ボディビル)

佐藤 美由紀(女子フィジーク)

金子 真紀子(ボディフィットネス)

【特別招待選手】

宮田 みゆき(女子フィジーク)


【自費出場選手】

角田 信朗(男子ボディビル)

北村 弘行(男子ボディビル)

加藤 充(男子ボディビル)

中山 翔二(男子ボディビル)

大岩 典子(ボディフィットネス)

廣田 俊彦(男子ボディビル)

椎名 智香子(フィットネスビキニ)

菊池 智子(ボディフィットネス)

秋本 明子(フィットネスビキニ)



日本グアム親善大会を通じて交流するJBBFとGNPF

GNPFマリアン・モリソン会長からJBBF玉利齊会長への手紙

グアム政府からのメッセージ

グアム政府のカルボ知事とテノリオ副知事からのメッセージ