日本選手団

日本グアム親善大会の随行監督を務めるにあたり、チームを一つにまとめ、一人でも多くの入賞者を出し、選手の順位を一つでも上げる意気込みでいます。

男子ボディビルは昨年多くの上位入賞者を出しましたが、今年のエントリー選手を見ると、昨年同様の結果が期待できそうです。また、女子ボディビルと女子ボディフィットネスは今年からの参戦になりますが、国際大会の舞台を経験している選手や伸び盛りの選手が多く参戦していますので、こちらも結果が楽しみなところです。特にボディフィットネスへは多くの選手がエントリーしているので、華やかな大会になると期待しています。

日本グアム親善大会への出場により、選手が国際経験を積む事でステップアップに生かし、さらに、選手同士の交流が盛んになる事を期待しています。

 

JBBF 日本選手団 随行監督

JBBF選手強化委員・女子委員 市 川   櫻


〈2013年 日本グアム親善大会 JBBF選手団〉

随行監督

市川櫻(JBB選手強化委員・女子委員)

代表派遣選手

 (男子ボディビル) (女子ボディビル) (ボディフィットネス)

・小松慎吾(長野) ・久野礼子(東京) ・小林有紀子(栃木)

自費出場選手

 (男子ボディビル)

・太田祐宇樹(東京)

・宮田智矢 (東京)

・近藤一隆 (東京)

・斉藤忠男 (愛媛)

・廣田俊彦 (愛知)

・伊熊公一 (愛知)

・中村貴裕 (東京)

(女子ボディビル)

・大澤直子 (東京)

・高松眞里子(東京)

(ボディフィットネス)

・山本加容子(東京)

・中村静香 (福島)

・鈴木光代 (福島)

・三船麻里子(東京)

・衛藤佳代子(東京)


応 援メッセージ

相 川  浩 一

2012年日本グアム親善大会総合優勝

日本グアム親善大会が近づいて参りました。出場される選手の方々は、長いシーズンであったり、季節外れの慣れない調整であったりするかも知れません。しかしながら、日本を代表しての海外遠征、やり甲斐この上ないですよね。2020年夏季オリンピックも東京開催が決定致しました。益々「日本代表選手」の称号の誇りが感じられます。

日本グアム親善大会も超満員の観客で大成功の第一回大会から、もうすぐ一年が経ちます。今年は、どんな日本選手が登場するのかと盛り上がっている事と思います。国際交流の素晴らしさ、異国の価値観に正に「肌で触れる」経験は、何ものにも変え難い素晴らしい経験となるはずです。日本選手の素晴らしいチームワークを発揮して、どうか、最後まで充実した調整をし、感動的な大会に触れて来て下さい。心から応援しています。


JBBF役員からのコメント

昨年より開始された日本グアム親善大会の派遣選手が、ジャパンオープン選手権の上位の選手から選考され、ボディビルでは男子が小松慎吾、女子が久野礼子、ボディフィットネスでは小林有紀子がそれぞれ決定しました。

残すは自費参加選手の募集ですが、JBBFの登録選手ならばどなたも申し込みが出来ます。ボディビルと云うスポーツが、日本とグアムの親善の懸け橋になるべく、JBBFの選手団として参加してみては如何でしょうか。

 

公益社団法人 日本ボディビル・フィットネス連盟

専務理事・審査委員会委員長  中 尾  尚 志

昨年から始まりました日本グアム親善大会ですけれども、今年から女子の部も始まります。女性の選手のみなさんには手近なところだけではなく、広い目でボディビル・フィットネス界を見ながら、レベルに関係なく日頃のトレーニングの成果を発揮できる場所として参加して頂きたいと思います。みなさんの挑戦を応援しています。

 

公益社団法人 日本ボディビル・フィットネス連盟

理事 女子委員長 辻 本  俊 子