大会に向けて(2017年大会)

出場選手のコメント


岩井 知子(ボディフィットネス)

トレーニングもろくにした事なく70kgでだらしなくブヨブヨ。仕事のない時は髪もボサボサで女子力の欠片もない私に「大会に出てみたい!」と思わせたのが日本グアム親善大会です。

 

海外大会なんて国内の地方戦を勝ち進んで行って、全日本の上位3人くらいの方しか出場資格がないというのがどの競技でも普通です。ところが、ヤフーニュースに掲載されていた元K-1の角田信朗さんの記事を読んで、誰でも海外大会に出られる唯一の大会の日本グアム親善大会を知り、ボディビルのカテゴリーすら知らないのに「出よう!」とその日のうちにボディビルジムを探して入会しました。

 

それから国内大会にいくつも挑戦したのですが、絞ったつもりが選手としては絞りきれておらず、予選敗退で悔しい思いをしていました。それでも大会に挑戦するたびに体が絞れてきて、沖縄のビーチコンテストで運良く優勝!さらに東日本ボディビル選手権では3位入賞でき、その後の日本グアム親善大会に挑む事ができました。グアムでは入賞こそできませんでしたが、自分でも驚くほどの行動力で海外大会に出場するという夢が叶いました。

 

大会の時は真剣モードで皆んなピリピリしていましたが、終わった翌日のフェアウェルパーティーではトップ選手の方々もとても親切にしてくれて、たくさんの方と仲良くなりました。帰国してからも、コンテスト等で再会すると、まるで家族のような感じがします。思うに、日本グアム親善大会は海外コンテストに出られるチャンスだけでなく、海外旅行も兼ねた異業種交流会のようなもので、スポーツトレーナーの方から、ジムオーナー、出版業界、サラリーマン、OL  、主婦と様々な職種の方々と触れ合う場だと思います。

 

私を半年足らずで20kgもダイエットさせてくれたボディビル。日本グアム親善大会がなければ重い腰は上がらなかったと思います。旅行だけだったら行かないけど、「海外旅行」と「コンテスト」の2つの願望を叶えてくれる大会です。

気がつけば人に「スリムだね」とか「体が変わったね」と言われるようになり、今ではボディビルがないと生きていけないライフワークです。日本グアム親善大会のお陰で180度人生が変わりました!

ダイエットにはボディビルが最適ですので、私のように悩んでる人は一緒に日本グアム親善大会を目指してダイエットできたらいいぁと思います。


ジェイソン クルーズ(ボディビル)

※盲目と半身付随というハンデがありながら介助を受け毎年ステージに立つジェイソン選手

it was awesome meeting up with you again my friend.

Excited to join you once again for another amazing bodybuilding show this November. Good luck to all the athletes who are preparing for this awesome show that will be even more amazing than last year's, lol.

Can't wait to be with all the Japan and Guam athletes again, this November. Get ready, Guam. it is going to be one awesome time for bodybuilding and body fitness. See you all on stage.

 

再び日本の友人に会う事をとても楽しみにしています。

私は11月のボディビル大会に出場する事にとてもエキサイトしています。昨年よりいっそう素晴らしい大会になる事でしょう。私は準備をしている全ての選手の幸運を祈っています。

日本とグアムのみなさんに会えると思うと11月まで待つ事ができません。準備しましょう。それはボディビルとフィットネスのための素晴らしいひと時になると思います。